包茎と女性の本音

TOPページ > 包茎手術の種類

包茎手術の種類

包茎手術の種類

包茎手術に関しては、医療行為としての泌尿科の行なう包茎手術と、美容整形的な包茎手術があります。
実際は仕上がりの問題だけですが、両者の間に実質的な差異は、手術費用ほどにはありません。前者の場合、主に背面切開術、環状切開術などが行なわれ、後者は亀頭直下埋没法 ・クランプ式・根元部固定法 ・PPレーザー治療法などがあります。

その他に切開手術を伴わないナチュラルピーリング法などもあります。それぞれ一長一短ありますが、切開手術が基本である事に変わりはありません。ただ包皮には性感帯としての機能があり、切る幅や切る位置によって、性交の際の快楽度も変化します。

埋没型包茎の場合は、肥満して蓄積された脂肪にペニスが呑み込まれた格好になっているので、先ず痩せる事が優先されますし、靭帯によってペニスが引き込まれている場合は、小児科の分野となり、一般の成人に対する包茎手術は性格が異なります。

▲サイトトップへ戻る

ナチュラルピーリング法とは

ナチュラルピ?リング法は、美容整形の技術を応用した矯正手術です。 仮性包茎の場合、包皮に捲れるような癖をつけると言うモノで、まぶたの整形手術で使用されている美容整形用の糸を使って、包皮をむいた状態で縫い合わせてしまう手術です。

切開する事無く包茎を直そうとする手術だけに、仕上がりは自然で、手術の失敗もないと言えますが。 包皮に捲れる癖がつかなければ、やがて元に戻ってしまう欠点はありますが、その場合でも事後治療として、他の包茎手術が施せるメリットがあると言えます。

そのメリットは大きな意味を持っています。 他の包茎手術の場合、包皮を切りすぎれば、元に戻す補正は効きません。 ただし仮性包茎のみに適用できるものですから、選択できる人は限られます。

▲サイトトップへ戻る

亀頭直下埋没法とは

現在包茎手術を行なっている美容整形外科で、一般的に行なわれる手術方法です。ペニスの根元の包皮を半分程度切除して、亀頭の下で包皮の捲れた状態で縫合するもので、傷が見えにくく、自然に剥けたような仕上がりになります。

包皮にある包皮小帯と言われる性感帯が温存されるため、性感を退行させる事が無く人気の手術法と言えます。ただし包皮の切開や縫合が適切に行なわれていないと、セックスなどで包皮が元に戻ったり、逆に亀頭を締め付けて充血させたりと、問題も起こりやすく繊細な施術が要求されます。

切開する位置は、勃起状態で決められるのが普通で、この工程を行わないで、当て推量で切開すると、とんでもの無い事になります。失敗の多くは、この工程を省いた医師の不注意と言えるものです。

▲サイトトップへ戻る

PPレーザー治療法とは

PPレーザー治療法は、基本的には亀頭直下埋没法と変わりません。 その違いは手術法の名前が示すようにPPレーザーと言われる微細レーザーをメスの替わりに使うものです。

焼ききる形で包皮を切開しますから、出血も少なく回復もはやと言う事になりますが、微細な切開をレザーを使って行なうには、医師にある程度のスキルが必要ですが、PPレザーを使う上で、特にスキルの認定制度があるわけでもなく、医師であると言うだけで、使えてしまいます。

何とかに刃物ではありませんが、スキルの無い医師にPPレーザーと言う事になると、手術の結果はおして知るべしです。 最新医療機器を揃えているクリニックに限って、PPレーザーのスキルも無ければ、泌尿科の知識も無い、ただの整形美容の医師が多く、注意が必要といえるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

環状切開術とは

環状切開術は、アメリカでは最もポピュラーな包茎手術で、日本でも真性包茎などの保険適用の手術の場合、ほとんどがこの手術法が取られています。

余分な包皮の部分を輪切りにして取り除き、縫合する単純な手術法ですが、以前はペニスの裏側にある包皮小帯と言う性感帯などの温存を考慮せず、また勃起時のペニスの大きさにも配慮されずに行なわれていましたが、現在は最小限の切除に止めるようにされているため、性感度が減じるなどの弊害もなくなっています。

この手術法の特徴は、単純で比較的失敗が少なく安全で、手術時間が短くて済む点です。
反対にデメリットは、手術後が目立ちやすく、ツートーンカラー現象と言われるペニスの変色が現れますが、時間の経過とともに落ち着いていきます。

▲サイトトップへ戻る

根部環状切除術とは

根部切除式はその名前が示すとおり、ペニスの根元の部分を切開して取り除くもので、切除場所が陰毛などに隠れて、見えにくいところのため、手術の跡が目立たないと言うのが最大の特徴です。

根部切除式の場合は、包茎手術によるペニスの変色もなく、包皮小帯や内板などの性感帯については一切取り除く事がありませんから、性感度についても手術後の影響は全く無いと言えます。

ただし包茎口などの先端部分に手を加えない手術法のため、真性包茎やカント包茎などの場合には適用する事が出来ません。あくまで仮性包茎に対する整形外科的な手術法と言えます。根部環状切除式の切除方法を更に目立たないようにしたバックカット式と言う包茎手術も考案されていますが、切口のデザインが違うと言うだけで、基本的には同じ手術法です。

▲サイトトップへ戻る

背面切開法(バックカット方式)とは

背面切開法は、もともと新生児などに多く行なわれている包茎手術法で、包皮の先端部分に当たる包皮口を縦に切開して、包皮が剥がれやすくなる効果を狙ったもので、他の包茎手術のように包茎自体を解決する手術ではありません。

新生児や幼児の場合には、包茎口が広がっていれば、ペニスの成長とともに自然と包皮は捲れていきやすくなりますから、カント包茎には有効と言えますが、包茎を改善すると言うよりは、カント包茎を仮性包茎の状態に改善する手術と考えるべきです。

当然真性包茎には適用する事が出来ませんし、仮性包茎に施す意味もありません。メリットとしては、手術が非常に簡単で、切開部分も少なく回復も早いと言うとですが、手術後の見てくれは、包皮が垂れ下がったようになり、良いとはいえません。

▲サイトトップへ戻る

マイクロ・サージェリー法とは

マイクロ・サージェリー法とは顕微鏡を使用した、包茎手術に限らず、整形美容などの分野で採用される手術方法で、微細手術をする場合に適していると言われます。

マイクロ・サージェリー法の併用した包茎手術は、亀頭直下埋没法の場合が多く、極めて微細な切開を行なう事が出来るばかりか、更に縫合を行なう際にマイクロ・サージェリー法と同じく美容整形で使われるマイクロコンプリートスーチャーと言われる縫合法の併用されて、傷跡を目立たないようにする、純然とした美容整形外科の技術の粋を集めた手術法と言えます。

それだけに限られた美容整形クリニックでしか行なわれていませし、非常に手術代も高いものになりますし、そこまでの必要性があるか疑問です。

▲サイトトップへ戻る

ツートンカラー現象とは

環状切除術や亀頭直下埋没法など、包皮を捲って縫合する手術の場合は、発生しやすいと言うか、発生するのが当たり前の現象です。

それまで裏側で外気にさらされていなかった皮膚が、捲られたあらわにされれば、それまでの外皮として外気にさらされたり、衣服に擦れたり、あるいはセックスや自慰で酷使されている包皮と色が違って当たり前です。

包茎手術の後に気にする人もいますが、時間の経過とともに馴染んでいくもので、ツートーンカラー現象に対して、何か対抗治療があるかと言われれば、無いとしか言えません。ツートーンカラー現象がどうしても嫌だと言われる方は、包茎手術自体をお止めになるしかありませんが、それも馬鹿馬鹿しい話です。

▲サイトトップへ戻る

包茎手術体験談募集

クリニック募集